2021年8月1日日曜日

東京都 新型コロナ 4058人感染確認 過去最多

 31日の東京都の新規感染者数は過去最多の4058人になりました。
 1週間前の同じ曜日と比べると、26日31日の増加数は下表(単位:人)の通りです。

26日

27日

28日

29日

30日

31日

702

1461

1345

1886

1941

2930

 僅か1週間でそれだけの数増加したということです。
 また7日間平均値の 各1週間前のそれに対する倍率は下表(単位:倍)の通りです。

26日

27日

28日

29日

30日

31日

1・41

1・49

1・53

1・62

1・81

2・17

 いずれも今後更に増加が加速される勢いを示しています。
 NHKが報じました。

 菅首相は30日の会見で、記者から「五輪の開催がコロナ急拡大の原因になっているのでは?」と聞かれたことに対して、「五輪が原因になっているとは思わない」と答えました。「思わない」と付け足せば何を発言してもいいと考えているようです。その前段では、いまや標語に過ぎないコロナ対策を挙げていましたが、それが功を奏していないから感染が急拡大しているわけです。そういう論理的思考ができないのでしょうか。
 五輪開催以降、首相は盛んに日本の金メダルリストにお祝いのツイートを連発しているようです。首相自らがオリンピック騒動を煽るなどは勿論邪道ですが、コロナの爆発的な感染拡大は最早メダルラッシュで覆い隠せる段階を超えました。
 政治経済学者の植草一秀氏は、かねてから菅首相のコロナ対策は徹頭徹尾間違っていると指摘してきましたが、31日、改めてこの結果をもたらした責任は挙げて菅首相にあるとするブログを出しました。
 菅氏は首相に就任してからも、Go Toでコロナを全国に拡散させ、海外からのコロナ変異株の流入防止には悉く失敗し、いずれ収まるだろという楽観論のもとに何一つコロナの拡大防止策を打ってこなかったために、今日の惨状を招きました。
 この中で指摘されていることを全く自覚していないのであれば政治家として落第ですし、分かってはいるがしらばくれているというのであれば邪悪です。
 併せて植草一秀氏のブログを紹介します。
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東京都 新型コロナ 4058人感染確認 過去最多 初の4000人超
                     NHK NEWS WEB 2021年7月31日
東京都内で31日、新型コロナウイルスの感染が確認された人は初めて4000人を超えて、過去最多の4058人になりました。7日間平均は前の週の2倍以上となる217%となり、拡大のスピードがさらにあがっています。また、都は感染が確認された3人が死亡したことを明らかにしました。
東京都は、31日都内で新たに10歳未満から100歳以上までの男女合わせて4058人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
これまでで最も多かった29日の3865人を上回って初めて4000人を超え、過去最多となりました。
31日までの7日間平均は2920人です。
増加比がさらに上昇して、前の週の2倍以上となる217%となり、拡大のスピードがさらにあがっています。
4058人の年代別は、(単位:人)

10歳下

10代

20代

30代

40代

50代

60代

70代

80代

90代超

153

354

1484

887

583

398

127

44

19

9

これで都内で感染が確認されたのは、21万7968人となりました。
一方、都の基準で集計した31日時点の重症の患者は30日より7人増えて95人でした。
90人を超えるのはことし2月16日以来です。
また、都は感染が確認された60代と70代の男性合わせて3人が死亡したことを明らかにしました。
これで都内で感染して死亡した人は2293人になりました。

都幹部「ワクチンのほかに策がない」
東京都の幹部の1人は取材に対して「対策はやっているがそれを大きく上回ってデルタ株が広がっているということだ。ワクチンを早く普及させるほかになかなか策がないのが現状だ。特に、若い世代への接種が重要だ」と話していました。
また、別の幹部は「ずっと辛抱してくれている飲食店のみなさんのことを考えると複雑だ。医療機関や保健所への負荷も心配だ」と話していました。
東京都内で歯止めがかからない感染の急拡大は、そのスピードがさらに増しています。

前週の同じ曜日との比較
1週間前の同じ曜日と比べると、今月26日31日の増加数は (単位:人)

26日

27日

28日

29日

30日

31日

702

1461

1345

1886

1941

2930


7日間平均での比較
都が感染者数の傾向をつかむために毎日、分析している7日間平均での前週に対する倍率は
                (単位:倍)

26日

27日

28日

29日

30日

31日

1・41

1・49

1・53

1・62

1・81

2・17


街の声は
都内で過去最多となる4058人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことについて、東京の渋谷駅前で話を聞きました。
22歳の大学生は「感染状況を見て怖いと思っているので、必要な時だけ外出することにしている。若い人の間でもはやっていると聞いているので不安は感じています」と話していました。
また、2歳の子どもを連れた33歳の会社員の女性は「こんなに感染者数が増えると思っていませんでしたが、町なかをみても人があふれているのでしかたがないと思います。生活に欠かせない外出以外は控えたいです」と話していました。
26歳の会社員の男性は「友達などと話をしていても若いから重症化しないと考えている人が多いと感じる。緊急事態宣言が出ていても不安に感じていないです」と話していました。
さらに、75歳の女性は「暑いからマスクをしていない人も多いと思います。若い世代の人も感染を広げることを理解する必要があると思います」と話していました。


五輪強行感染爆発責任ごまかす菅首相
                植草一秀の「知られざる真実」 2021年7月31日
菅五輪強行感染爆発が猛威を奮っている。第五波の感染爆発の主犯は菅義偉氏。
五輪開催強行が人々の行動抑制のたがを外した。
「五輪強行で行動抑制のたがが外れた」 https://bit.ly/3zVGGte 
五輪開催強行は世界各地からの大量の外国人入国をもたらす。
五輪組織委が主張していたバブルは完全に破裂している。
世界中から変異株が東京に集結している。
五輪開催強行は人々の行動抑制の自制心を完全に破壊した。
決定的だったのはパーティーの開催。市民に不要不急の外出自粛を求めておきながら五輪関係者、政府要人がパーティー開催を強行した。

感染爆発の主因は菅義偉氏が人々の行動抑制自制心を破壊したことにある
菅義偉氏は人流が減少していると述べたがウソ。人流は東京都の昼間人口を指すものでない。
アップル社が日本全国の人の移動データを公表している。
自動車による移動、交通機関による移動、徒歩による移動のデータを公開している。
人の移動指数と新規陽性者数との間には明瞭な連動関係が観察される。
人の移動指数と全国新規陽性者数推移」グラフ2個は添付を省略します。ご覧になりたい方は原文にアクセスしてください。⇒ 五輪強行感染爆発責任ごまかす菅首相 植草一秀の『知られざる真実』 事務局 
3週間前の人の移動指数推移と全国新規陽性者数とを比較すると、極めて強い連動関係が観察される。コロナ感染の波動は世界的な感染波動の影響を受ける。世界的な感染波動と国内の人流変化で感染の増減がほぼ説明される。

菅内閣は昨年来4度目となる緊急事態宣言を7月12日に発出した。菅首相による緊急事態宣言発出は3度目。
そのたびに、「再び緊急事態宣言を発出することがないようにするのが自分の責務」と述べながら、何度も緊急事態宣言を発出する。
自己の発言に対する責任感も結果責任を行動で示す誠実さも一切持ち合わせていない。
無責任の極み。

感染第五波をもたらしている中核はL452R変異株。3月中旬にインドで確認された
直ちに厳正な水際対策が必要だったが菅義偉氏が行動したのは5月に入ってから
「後手後手・小出し」対応でL452R変異株国内流入をいとも簡単に許した。

過去の緊急事態宣言発出時には人流減少反応がそれなりにあった。
もっとも強い反応が示されたのは昨年4月の緊急事態宣言発出時。人流データは昨年5月5日に最低値を記録。ゴールデンウイーク最終日の人流が最低値を記録した。
しかし、4度目の緊急事態宣言を7月12日に発出した後は、人流減少がまったく観察されていない。また、菅義偉氏は7月22日からの4連休に際して都道府県境を超える人の移動を一切制限しなかった。4連休に際して都道府県境を越える人の移動が爆発した。
移動に制限をかけなかったのは、菅義偉氏が観光業界利権を優先したため。

昨年の11月21日からの3連休前に感染拡大が警戒水準を超えた。このときも菅義偉氏はGo Toトラベル政策を停止しなかった。驚くべきことに菅義偉氏は12月28日までGo Toトラベル政策をほぼ全面推進した。
このために感染第三波が極めて拡大した。観光業界利権を優先した。

今回は7月12日の緊急事態宣言発出後に人流がさらに拡大している。
また、多数の飲食事業者が酒類提供、深夜営業に踏み切った。自粛要請に従わない飲食事業者は空前の大活況を享受している。
自粛要請に従わない事業者に対する締め付け政策が破綻して、雪崩を打つように多数の事業者が酒類提供、深夜営業に突入している
五輪開催を強行しておいて自粛しろは通用しない。感染第五波爆発の責任は菅義偉氏にある
日本の主権者は菅義偉氏を速やかに解任するべきだ。
            (以下は有料ブログのため非公開)

注目の人 直撃インタビュー 映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督

 菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」が30日に公開されました。

 日刊ゲンダイが、メガホンを取った映画監督の内山雄人さんをインタビューしました。
 内山さんは、「政治って面白い」「こんなおかしいことが今の日本で起きてるのか」とか伝わればいいと思ったと語っています
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
注目の人 直撃インタビュー
菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」
                          日刊ゲンダイ 2021/07/31
内山雄人(映画「パンケーキを毒味する」監督)
「叩き上げ」「令和おじさん」「パンケーキおじさん」――。世間がこんなイメージを抱く菅首相は一体、どんな“スガオ”を隠しているのか。その核心に迫るドキュメンタリー映画「パンケーキを毒見する」が、30日に公開された時の権力者を相手にした取材は難航を極め、関係者からはNG続出。マスコミが政府の広報機関に落ちたと言われる時代に、作品に込めた思いは何なのか。メガホンを握った内山雄人監督に聞いた。
                ◇  ◇  ◇
 ――「菅首相を“イジる”映画」と自身のツイッターで銘打ってますね。
 カッチリした政治ドキュメンタリーを作るには到底時間が足りなかったので、面白く見せることに重点を置きました。テレビのバラエティー番組を手掛けてきた経験もあるので、菅さんを風刺したり、イジったりして「政治って面白い」「こんなおかしいことが今の日本で起きてるのか」とか、伝わればと思ったのです。

 ――試写の反響はどうでしたか。
 映画を見慣れている人の中には「こんなものか」といった感想を持つ人もいたり、ユーチューブを見慣れた型にハマらない若い世代には難しくなく、笑える新しいスタイルのドキュメンタリーだと楽しんでもらえたり、と賛否はバラバラです。見ていただく人には、できればハードルを上げずに「政治バラエティー」だと思って笑ってほしい

 ――閣僚らの言動をアニメーションを使い、ユーモアを交えて伝える場面が印象的でした。
(エグゼクティブプロデューサーの河村光庸さんから)監督にと声が掛かったのが、昨年10月半ばぐらい。しかも7月末公開のスケジュールは固まっていたので、製作期間は実質、半年もありませんでした。ドキュメンタリーではありえない条件なので、多くの映画監督に断られ、7番目に僕に回ってきた(笑い)。半年しかない中で、できることは何かを発想することから始めました。とはいえ、菅さんを直接撮れるわけではないし、関係者のインタビューで埋めていくだけでは成立しないなと。映像になるものは何か、苦労しながら探し続けました

■「政治への不信感を可視化できれば」
 ――むちゃな提案をよく引き受けましたね。しかも、映画は初監督です。
 テレビ番組の監督をやってきて、映画製作の話を何度かいただいたこともあったんですが、年齢的にもラストチャンスだと。しかも、政権モノを扱うのは報道畑の仕事だから、制作会社にはまず回ってこないんですよね。逆にワクワクしたというか、やってみること自体、新たなステージに立つようなものでした。ここ数年、政治に対する不信感もあったので、それをちゃんと可視化できれば視聴者に影響を与える作品ができるかもしれない、と思いました。

 ――不信感というと?
 今春から大学生になった娘がいるのですが、高校に入学した途端、大学入試改革に振り回された。大学受験のために資格・検定試験をいくつも受けたけれどドタバタの末に新システムの導入が見送られてしまった。どれだけ政治に翻弄されたかを目の当たりにして、政治のミスやおかしなことが実際に起きていると実感しました。10年、100年先の国の姿を考えているとはおよそ思えない政治判断を下す人が、ここ何年も政治を動かしている感じがします。

 ――菅首相の国会答弁の様子も劇中に盛り込まれていました。
 国会中継が実はこんなに面白い、笑えるんだぞってことに気付いてほしいという思いからです。どれほど滑稽なやりとりが国権の最高機関で起きているか、議員や官僚といった国を動かす中枢にいる人が「こんなもんかよ」っていうのを知ってもらいたい。映画の前半に笑える要素があり、後半に向かうにつれ、この国では怖いことが起きていると気付いてもらう。最後は「やばいな、この国」っていうふうに、見ている人の気持ちが変わっていくといいですね。

菅さんは中身が詰まっておらず、どこかスカスカ
 ――菅首相の“スガオ”に迫ることができましたか?
 菅さんに対する直接的な批評を劇中のナレーションに託さなかったのは、僕はどうこう言う立場ではないからです。ただ、映画を作ってたどり着いた自分なりの答えは、取材者の皆さんの言葉を借りれば、菅さんは中身がギッシリ詰まったような方ではなく、どこかスカスカしている。国家観をほとんど持ち合わせていなかったり、人気や権力を守りたいがゆえに取り繕っていたり、そんな印象です

 ――取材NGが続出したとか。
 いわゆる菅グループの「ガネーシャの会」の議員らに取材を申し込んだのですが、誰にも応じていただけませんでした。あまりにも断られすぎて、途中から面白くなってきたほど。それでもう、ネタにしちゃえと。秘書に電話やメールの取材依頼をしても一切何の返事もないから、絶対に断ってくると分かった上で音声を収録し、作品に取り入れました。どうやって断ってきたのかの、リアルな証拠が撮りたかったのです。早々に取材NGが続出したので、菅さん本人には到底たどり着けないと思い至りました。

 ――本作の公式ツイッターアカウントが凍結する騒ぎもありましたね。
 1回目のマスコミ試写会の後に急に凍結され、その時は機械トラブルだろうぐらいにしか思いませんでした。凍結はすぐに解除されましたが、ツイッター社に凍結の理由について正式な質問状を送って尋ねても「スパムアカウントと誤認識した可能性があります」という、型通りの回答しかありませんでした。「この程度の対応でいい」という姿勢が大人の社会でまかり通ってしまうことが本当に許せない。インタビューに応じてくれた(自民党元幹事長の)石破さんは「国会でありえないことが起きている」とも言っていた。しかし、誰も是正しようとしない。政府もツイッター社も説明をする、理解を得ようという姿が見えない、独善的な感じですね。

■「政治を笑う」新しいカルチャーを
 ――政府の「広報機関」と言われるようになってしまったマスコミの報道姿勢にも疑問を持たれていますね。
 マスコミ自体が思考停止に陥っていると思います。例えば、菅さんを囲むパンケーキ懇談会に番記者が参加するかしないかと話題になった時、ある新聞社に質問したら、「行くのが当たり前だ」と答えたんです。「総理がしゃべったことを網羅して伝えるのが全国紙の役割だから行かないという判断はない」と。その役割のために「権力の監視」ではなく、権力へのすり寄りになっていないかと多くの人が感じている。もはや思考停止と言われても仕方ないのでは。

 ――そうした危機感が「しんぶん赤旗」編集部への密着につながった?
 今やスクープを連発しているのは「赤旗」と「週刊文春」ぐらいでしょう。「赤旗」を取材するなんて、テレビではありえないことなので、あえてチャレンジしました。共産党の機関紙がどうやって制作されているのか。未知の世界を取材するドキドキ感が、視聴者に伝わればいいなと思ったのです。ガチガチの思想に固まった人や理屈っぽい人がたくさんいるのかと思いきや、全然そんなことない。僕らと同じような感覚で仕事をしています

 ――内閣支持率はいまだに3割前後を維持しています。
 政治が自分の生活に直接関係があると思っている人が少ないからでしょう。コロナ禍になって生活に身近な問題が多発しているはずなのに、怒る国民が少ないのは不思議です。飲食事業者にしても協力金の支払いが遅滞する中、よく我慢しているなと。自粛を要請される前に払ってもらったならルールに従うとしても、払いもしない国になんで忖度しなきゃいけないのか。これだけ自粛させられて、楽しいものもなくなって、飲食やエンタメ業界の人に限らず普通の勤め人は怒らなくていいのかと感じます。

 ――なぜ政治と生活が結びつかないのでしょう。
 その疑問は今回の取材のテーマでもありました。どうやったら選挙に行くのか、聞いて回りましたが、皆が皆、頭を悩ませていますよね。僕としては興味を持たせるために笑わせることをとっかかりにした。選挙に行かない人に、どうやったらリーチできるのか。一番大事だと考えたのは、政治を笑う新しいカルチャーもありなのだと球を投げることです。ちょっとオシャレ、面白いとか、若い人を中心に広がってくれるとうれしいですね。
                  (聞き手=高月太樹/日刊ゲンダイ)
▽内山雄人(うちやま・たけと)
1966年、千葉県柏市生まれ。早大社会科学部卒業後、90年、制作会社テレビマンユニオンに入社。93年、TBS「世界ふしぎ発見!」でディレクターデビュー。主な作品に、日本テレビ「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」、NHK-BSプレミアム・アナザーストーリーズ「あさま山荘事件」「よど号ハイジャック事件」など多数。