2015年2月28日土曜日

アメリカは建国後合計222年間=93%の年間 戦争をしてきた

 「謀略国家」アメリカが「戦争国家」であることはもはや世界の常識です。
 
 第二次大戦後に限っても、終了した翌年にはフィリピンと韓国を占領し、1950年には朝鮮戦争が起されました。これはしばらくの間北朝鮮が侵入したというのが定説になっていましたが、近年になってアメリカが仕掛けたものだと明かにされました。
 それが終わるとトンキン湾事件をでっち上げてベトナム戦争を始めました。
 その後アフガニスタンとニカラグアでのCIA代理戦争を起し、ペルシャ湾紛争、パナマ占領を経て第一次湾岸戦争、コソボ戦争、そしてアフガニスタン・イエメン・イラクでの対テロ戦争と続きます。
 何しろアメリカ一国の軍事費が他の世界中の軍事費を上回るほどに軍事力は圧倒的なので、アメリカに攻撃を仕掛ける国などはなく、すべてアメリカから攻撃をしかけた戦争でした。
 
 さすがに近年は財政難から軍事費については議会から歯止めが掛かっていますが、それでも軍需産業の要請で戦争を止めるわけには行かないので、今後は対テロ戦争を継続していくと見られています。
 
 ワシントン・ブログが、アメリカは建国後239年中、222年間戦争をしてきたとする記事を出しました(「マスコミに載らない海外記事」が紹介)。
 この222年間は丸々戦争に明け暮れたというのではなくて、多分いわゆる「足掛け○○年」の合計だと思いますが、それにしても恐るべき戦争国家です。こんな国は有史以来初めてであり、この後も現れないことでしょう。
 
 ワシントン・ブログは極めて長いものなので、年表部分は建国後の15年分と最近の15年分に留めて、その間の年代は割愛しました。
 詳細は原文をご覧下さい。

追記 オバマ大統領は2009年にノーベル平和賞を受賞しましたが、2013年になって平和賞の選定の経過がおかしいという指摘があり4年間遡って見直されました。メダルの返却は封筒に入れてノーベル賞委員会に送付すればよいと通知されたとも伝えられました(「ロシアの声」など)が、真相はどうだったのでしょうか。
 いずれにしても彼がそれに値しないことは確かです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アメリカは、その歴史のうち93%-1776年以来の、239年中、222年間が戦争   http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/93---1776239222.html 
マスコミに載らない海外記事 2015年2月27日
Washingtons Blog 2015年2月23日
アメリカは、国が誕生して以来、平和だったのはわずか21年間に過ぎない。
2011年に、Daniosはこう書いた。
 
下記のとおり、年ごとの、アメリカ戦争年表を作成してみたが、大変に興味深いことがわかる。アメリカ合州国が1776年に建国されて以来、235年の存在のうち、214年間、戦争をしてきた。言い換えれば、アメリカがいかなる戦争もしなかったのは、わずか21年に過ぎないのだ。
これを見やすく並べてみよう。
*1776年以降のどの年でもとりあげてみれば、アメリカがその歴年のうち何らかの戦争を行っている可能性は91%だ。
*本当に平時の大統領といえるものは一人もいない。それどころか、アメリカ大統領全員、厳密に言って、“戦争大統領”と見なすことができる。
*アメリカが10年間、戦争をしなかったことはない。
*アメリカが5年間、戦争をせずにすごした唯一の時期(1935-40)は、大恐慌の孤立主義時代だ。
***
アメリカの戦争を図にするとこうだ。
百分率グラフ 省略
 
アメリカの主要な戦争の、年ごとの年表は下記の通りだ。
****
年ごとのアメリカの主要戦争年表(1776-2011)
 
1776-アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、第二次チェロキー戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1777-アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、第二次チェロキー戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1778-アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1779-アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1780-アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1781-アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1782-アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1783-アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1784-チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争、オコニー戦争
1785-チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1786-チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1787-チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1788-チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1789-チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1790-チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中 略
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
2001-アフガニスタン対テロ戦争
2002-アフガニスタンとイエメンで対テロ戦争
2003-アフガニスタンとイラクで対テロ戦争
2004-アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2005-アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2006-アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2007-アフガニスタン、イラク、パキスタン、ソマリアと、イエメン対テロ戦争
2008-アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2009-アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2010-アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2011-アフガニスタン、イラク、パキスタン、ソマリアと、イエメンで対テロ戦争;リビアでの紛争(リビア内戦)
 
こうした戦争の多くで、アメリカは攻撃側だった。
Daniosは、戦争の中には防衛的なものもあったことを認めている。ただし、Daniosは、戦争と見なすことのできる、CIAの秘密作戦や他の行動を除外している。
2011年以降に起きたものを更新しておこう。
 
2012-アフガニスタン、イラク、ソマリア、シリアとイエメンで対テロ戦争
2013-アフガニスタン、イラク、ソマリア、シリアとイエメンで対テロ戦争
2014-アフガニスタン、イラク、ソマリア、シリアとイエメンで対テロ戦争、ウクライナ内戦
2015-ソマリア、ソマリア、シリアとイエメンで対テロ戦争、ウクライナ内戦
 
更に4年間の戦争を足した。これにより、239年間のうち、222年間93%の期間アメリカは戦争中ということになる。(正確な数について、言いだせばきりがないが、かなりの割合の時間、アメリカが戦争中であることは明らかで、間違いはない。)
 
事実、第二次世界大戦以後行われた大半の軍事作戦は、アメリカによるものだ。
また、アメリカの軍事支出は、それ以外の世界を全部合わせたより遥かに大きい。
世論調査で、アメリカが平和に対する第一番の脅威だと世界が考えても無理はない。
==============================
記事原文のURL